医学部予備校の規模とは?少人数で着実な指導が受けられる

医学部予備校は少人数が基本

予備校と言えば大人数で講義を受ける授業スタイルを思い浮かべる人も多いかも知れません。しかし医学部予備校の授業規模は少人数制が基本で、クラス全員の理解度を確認しながら授業を進めていきます。予備校であるため目指すレベルを維持しながらも、講師は生徒たちへ細やかに注意を払い不足点を見極めることで普段の学習の指導の方向性を探ります。そしてその少人数のメリットを生かして、生徒の学力の底上げを図り、医学部合格に向けて指導を行います。医学部予備校の授業規模は少人数制が基本なのは、細やかな指導や不安要素を見極めるためです。一般の大学受験よりもはるかに高い水準の学力が要求される医学部の入試は、対策にも学力面サポート面共に高い水準が必要となり、それを支えるのが少人数制なのです。

学習環境にまで気を配る少人数制

医学部予備校はクラスが少人数なだけでなく、そもそも在籍出来る生徒の数に上限がある場合があります。その理由は学習環境や受験に向かう環境にまで支援の幅を広げてくれるからです。一般の予備校では寮に入る場合以外は、あまり学習環境にまで予備校側が配慮してくれるということはありません。しかし医学部予備校は他の習い事や学校の授業や活動との兼ね合いを考慮しながら、医学部の受験をサポートします。サポートは学習進度やスケジューリングの他にも受験に向けた体調管理やメンタルケアまで行ってくれます。医学部予備校は規模の大きな予備校では実現できないほど手厚いサポートがあり、生徒一人ひとりにしっかりと向き合うための少人数制が導入されているのです。