医学部予備校で受けられるサポートとは?学習指導のみでないきめ細やかな対応

健康面の管理や補助がある

予備校でのサポートといえば生徒の学力や面接、小論文などの受験に関する内容ばかりが焦点になりますが、医学部の予備校ではさらに手厚い支援が受けられます。その最たるものが生徒の健康面の管理です。提携している病院でインフルエンザの予防接種を通常より安く受けることができたり、希望者には有料で栄養士による監修を受けた栄養満点の弁当が配給されたりといったサポートがあります。また受験シーズンには日々の体温管理から不調を察知し、万全の体調に整えて試験を受けられるように尽力してくれます。体調不良は学習スケジュールにも影響が出てしまうため、医学部予備校はきめ細かく体調管理や健康面のサポートを行い、試験合格までを乗り切る体制を作り上げています。

帰宅の見守りや災害対策もある

予備校通いが始まると、どうしても帰宅時間は遅くなってしまいます。いつ予備校を出たのかわからず、何時に帰ってくるのかがわからないという不安が保護者の人にはあるかもしれません。しかし医学部の予備校はそういった不安を見越して、通学の見守りサポートを行っていることがあります。校舎を出た際に打刻をして、それを保護者指定のメールアドレスなどにメッセージで送ったり、校舎の最寄り駅まで送迎したりという安心の支援があります。また体調不良や時間が遅くなってしまった場合など、提携のタクシー会社を利用することも可能です。他には万が一予備校に居る間に災害が起こった際にも対応できる緊急の防災道具の用意がされています。医学部予備校は勉強面のサポートのみでなく、生活面のサポートも手厚く行ってくれるのです。