医学部受験に特化したカリキュラムがある

志望校の試験に出題されやすいところをピンポイントで学べる

医学部の予備校は、医学部受験に特化したカリキュラムが取り入れられており、それぞれの受講生が志望校の試験に出題されやすいところをピンポイントで学びやすいといった大きなメリットがあります。カリキュラムの具体的な内容については、それぞれの予備校の方針やコースの種類によって違いがあるため、早いうちから自分に合う予備校を選択することがおすすめです。また、予備校によっては、模擬試験の結果に応じてクラス分けを行ったり、各教科の講師やチューターが個々の受講生の進路相談に乗ったりしているところもあります。なお、カリキュラムの良し悪しについては、予備校を利用したことがない人にとって判断が難しいこともあるため、積極的に入会説明会や模擬授業などに申込をすることが大切です。

受験指導の経験が豊富な講師に継続してサポートを受けられる

医学部の予備校においては、難関の国立大学や私立大学の受験指導の経験が豊富な講師が揃っており、入試まで継続してサポートを受けることが可能です。特に、理系科目を苦手としている人は、試験に合格できる水準まで学力を引き上げるために長い期間が掛かることがあるため、早い時期に入会を決めることがおすすめです。また、大手の予備校の中には、一人ひとりの受講生が自分の学力に合わせて試験対策を進められるように、様々な種類のカリキュラムや教材を扱っているところも多くあります。そこで、無理なく学習を続けるうえで、各地の予備校の公式サイトやパンフレットなどに目を通して、医学部の合格実績が良いところや、受講生の評判が良いところを優先的に選びましょう。